他ジャンルの買取よりもモバイル媒体が多く活用されている自動車

他ジャンルの買取よりもモバイル媒体が多く活用されている自動車

車の買取店のスタッフは、顧客の希望する場所に出張に来てくれます。自宅や近所の駐車場など、車の査定を受けたい場所であればどこでも来てくれますね。
ところで買取りスタッフは、たいていモバイル媒体を持参してきます。モバイル媒体というのは、いわゆるスマートフォンやノート型パソコンなどですね。大手の業者ほど、そのようなモバイル媒体を持参する事が多いようです。

 

買取りスタッフはそれを何に用いるかというと、本部とのやり取りです。車の査定を行ったら、そのデータを本部に送信しているのです。そして本部から持ってきたデータを元に、顧客に対して買取り額を提示しているというパターンが多いですね。

 

ところで買取というサービスには、多彩なジャンルがあります。車だけではありませんね。ブランド品や携帯電話の買取りなどと、色々なジャンルが存在するのです。それらの買取でも、やはり出張査定というシステムが採用されている事が多いですね。また車と違って、依頼主の自宅の玄関先にて査定を行ってくれる事が多いのですが。

 

では例えば、ブランド買取のスタッフは上記のモバイル媒体を持参しているのでしょうか。

 

持参している可能性は、一応ありますね。大手の業者であれば、依頼主に査定額を伝えるために本部とのやり取りをする可能性はあるからです。
モビリオ 買取

 

しかしその事例は、恐らく車ほどは多くありません。車買取の会社の場合は、モバイル媒体も持参する所は恐らく全体の1割位ですね。それに対してブランド品やお酒や携帯の買取などの場合は、恐らく0.5割にも満たない状況だと思います。つまり「出張査定でモバイル媒体を活用している業者が多い」という点は、車買取というサービスの大きな特徴の1つではないでしょうか。